賃貸マンションの相場

賃貸にかかる費用

仲介料

賃貸マンションの礼金の相場

賃貸マンションを借りる際に礼金を支払わなければならないことがありますが、相場は一体どのくらいでしょうか。この点、初期費用が高くなってしまうとなかなか借り手が見つかりにくい傾向があります。敷金と違って戻ってこないこともあり、賃貸マンションの礼金は年々下落傾向にあります。国土交通省による平成25年度の統計から相場を見ると、家賃1か月分が約45パーセントと最多であり、次いで家賃2か月分が約35パーセントとなっています。なお、その4年前の調査では家賃2か月分とするものが約42パーセントで、次いで家賃1か月分が約21パーセントでしたので、順位が逆転していることが分かります。

マンション借りる際の初期費用

賃貸マンションの借りる時、初期費用としては、敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、火災保険代などがかかります。それぞれの相場ですが、東京であれば敷金、礼金、仲介手数料は1ヶ月となっています。敷金は預り金なので、退去時清算されあまりがあれば戻ってきますが、それ以外は戻ってきません。しかし、極論をいえば初期費用は全くなくても賃貸借契約を結ぶことができます。オーナーとしては入居審査のひとつとして、初期費用がしっかり支払えるくらいの収入のある人に借りてもらいたいという願望があるので、初期費用を取っていますが、長期間空室が続くのであれば、初期費用を支払えなくれも契約し、入居させることもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright マンションを賃貸するとき. All rights reserved.